読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本道観出版局 通信

日本道観出版局のブログです。 老子(道)の生き方「タオイズム」の専門出版を行っています。

タオは東洋哲学の真髄 「心と体が甦るタオイズム」-無為自然の実践哲学- 第一章 

心と体が甦るタオイズム

 

日本道観出版局です。

 

 

 

日本道観出版局出版の本

心と体が甦るタオイズム -無為自然の実践哲学-

第一章もくじ『タオは東洋哲学の真髄』をご紹介いたします。

 

 

■ 心と体が甦るタオイズム第一章『タオは東洋哲学の真髄』

 

  • 生きた実践哲学、タオイズム
  • 道家(どうか)について
  • 道家と道教
  • 老子とはいかなる人物か
  • 道家の人たちの神髄が老子である
  • 道家の龍門派の允可を受けて
  • 「迷いは鬼だ」の諺
  • タオイズムの根本は「無為自然
  • 「道」という普遍の法則
  • 道は固定したものでない
  • 「道」と呼ばれる宇宙の大法則
  • 道は用いて価値を生ず
  • 老荘の思想には対立の概念はない
  • 敵視や対立のもたらすもの
  • 蚊もよりつかない
  • 仙人は道家がめざしている理想人物
  • 道徳のない世界が理想である
  • 人間の作った道徳や宗教に執着しない
  • 正神、邪神と判断しようとすることは徒労だ
  • 無ということ
  • 間違えられやすい老子の解釈
  • 恒産なければ、恒心なし
  • 所有という幻想
  • 握ったものは放(ほ)かせばよい
  • 愛蔵の骨董や蔵書も、生きている間預かっているに過ぎない
  • 人間の勝手な判断を否定していく生き方
  • 我執がもたらすもの
  • 我執をつくるもの、無我執をつくるもの
  • みんなが、さまざまなこだわりに縛られている
  • 無意識に差別していること
  • 体を洗わないで病気になる
  • 上善は水の如し
  • 荘子の警鐘
  • 老荘学における人間観
  • 道家と禅宗が似ている理由
  • 「無の哲学」と「空の思想」
  • 道家と禅宗が最も異なる点
  • 名前も金も残さない人を最高とする
  • 生に執着すれば命を縮める
  • 過食・過飲・過欲で健康を害する現代人
  • 兵法の極意
  • 戦わずして勝つ
  • 和光同塵という生き方
  • 知恵を誇って禍を招く
  • 分に甘んじることを忘れてはいないか
  • 安らかに生きる秘訣
  • 無為に関する大学生の質問
  • 天の偉大さを知る人間になれ
  • 道家では笑いも怒りも、過ぎてはいけない
  • 笑いを研究すれば、道家の生き方がわかる

 

 

■ 心と体が甦るタオイズム -無為自然の実践哲学- 日本道観出版局◆

 

 

「心と体が甦るタオイズム」-無為自然の実践哲学-

『本書を通じて、多くの人々が人間本来の健康を取り戻し、
毎日を楽しく、快適に生活されることが私の願いである』
 
早島天來(正雄) 著
早島妙瑞 監修
定価(税抜)10,000円
出版社:日本道観出版局
装丁 : 豪華装丁化粧箱入 菊判
 

日本道観出版局の本 購入・詳しい情報はコチラ

 

 

 Amazonでの購入は■

早島天來(正雄)遺稿集 心と体が甦るタオイズム 無為自然の実践哲学

早島天來(正雄)遺稿集 心と体が甦るタオイズム 無為自然の実践哲学

 

 

 

■ 日本道観出版局のお問い合わせ

 
日本道観総本部
0246-56-1444
<受付時間> 10:00~18:00
メールフォーム
日本道観出版局に関するお問い合わせとお書き下さい
 
日本道観出版局